ホーム>リフトアッププレートについて
  • TOP
  • 最新情報
  • リフトアッププレートについて
  • 巻き爪矯正の流れ
  • 巻き爪とは
  • よくあるご質問
  • その他の施術
  • 店舗情報

リフトアッププレートについて

最新の矯正法「リフトアッププレート」とは?

最新の矯正法「リフトアッププレート」とは?

リフトアッププレートとは、足の爪の食い込みに対するケア方法で、爪に直接装着するのに適しています。このプレートを装着の際は、それぞれの爪のサイズに合わせて調整することが出来、皮膚や爪を傷付けませんので、痛みをともなうことはありません。

リフトアッププレートは反発力のある特殊なグラスファイバー製のプレートです。平らな形状になっており、爪の表面にのみ装着します。このプレートを爪に装着することによってプレートの戻ろうとする力が爪全体に分散されるので、どこかある部分を強く圧迫するということもなく矯正することができます。

カウンセリングも行っております。

当所では爪の切り方から、靴の選び方、日常生活での注意、手入れの方法の見直し等をご理解頂く為のカウンセリングも行っています。巻き爪に関するお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例

アンケート1
アンケート2
次へ
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
次へ
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
次へ
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
次へ
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
次へ
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
次へ
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例
ワイヤーで改善しなかった巻き爪をリフトアッププレートを使って改善した例

矯正の流れ

質・色・左右差・他の趾など、あらゆる角度から観察

質・色・左右差・他の趾など、あらゆる角度から観察
質・色・左右差・他の趾など、あらゆる角度から観察
次へ

ケア実施に問題なければテーピングからスタート

ケア実施に問題なければテーピングからスタート
ケア実施に問題なければテーピングからスタート
次へ

研磨の際は先端ビットの選択・回転数・角度・支持手や音などにも注意
基本は爪に対して水平に当て接着面を構成

基本は爪に対して水平に当て接着面を構成
基本は爪に対して水平に当て接着面を構成
次へ

プレートの選択・範囲・角度の判定

プレートの選択・範囲・角度の判定

必ず押さえて確認

必ず押さえて確認
次へ

ストッパーにグルーを適量取りプレートと爪の間(若しくはプレートの裏)にグルーを流し入れ接着、適時硬化剤を噴霧することで硬化時間を短縮

ストッパーにグルーを適量取りプレートと爪の間(若しくはプレートの裏)にグルーを流し入れ接着、適時硬化剤を噴霧することで硬化時間を短縮
ストッパーにグルーを適量取りプレートと爪の間(若しくはプレートの裏)にグルーを流し入れ接着、適時硬化剤を噴霧することで硬化時間を短縮
次へ

逆サイドも同様 グルーは量に注意 皮膚に多量に付くと発熱
多過ぎた場合は除光液などで拭き取る

逆サイドも同様 グルーは量に注意 皮膚に多量に付くと発熱 多過ぎた場合は除光液などで拭き取る
逆サイドも同様 グルーは量に注意 皮膚に多量に付くと発熱 多過ぎた場合は除光液などで拭き取る
次へ

アクチベーターを効果的に

アクチベーターを効果的に

2枚目以降も同様に

2枚目以降も同様に
次へ

プレート2枚装着

プレート2枚装着

プレート3枚装着

プレート3枚装着
次へ

サイド・爪周囲の整え前

サイド・爪周囲の整え前

サイド・爪周囲の整え後

サイド・爪周囲の整え後
次へ

仕上げのコーティング

仕上げのコーティング

仕上げ後

仕上げ後

巻き爪ゼロを目指します。

巻き爪で悩まれている年齢は歩き始めた2才から始まり,亡くなる寸前まで、男性、女性、大人、子供、スポーツ選手から寝たきりの方と、年齢・性別・国籍を問わず、その範囲は多様に及びます。

生活環境が大きく様変わりしたことが一因ですが、生活習慣や意識を変えるなどの根本的な問題の解決には至っていません。
また、国内だけでなく海外でも巻き爪で悩まれている方は多くおられます。

近年多くの技術や協会が増えてきていますが、確実なケアと再発を防ぐアフターフォロー&ケアが出来るのか、そこに課題が残ります。そこで私たちは、巻き爪ゼロを目指し、それを実現させる為のコンセプト「低コストで安心かつ安全な商材と確かな技術力で改善までのアフターケア」へ賛同し、日本ネイルカウンセリング協会へ加入することにいたしました。

私たちは、巻き爪矯正に必要不可欠なこの要素を満たし巻き爪ゼロを目指します。

手の巻き爪のお悩みも対応いたします。

手の巻き爪のお悩みも対応いたします。

近年、手の巻き爪でご来店される方が多くなっています。手の巻き爪でお悩みの方は多いのですが、みなさんどの病院で診てもらえるかが分からないことや、治療を断られた方も多いと聞きます。

手の巻き爪は矯正方法が限られている事もありますが、お困りの方は一度当院までお問い合わせください。